シリコーンゴムについてABOUT SILICONE RUBBER

目次

シリコーンゴムの優れた特性

シリコーンゴムの画像

シリコーンゴムには様々な特性があります、その一部をご紹介いたします。

アツアツのお鍋を置いても大丈夫 耐熱性に優れています  シリコーンゴムは有機系ゴムと比べ150℃の熱を加えてもほとんど特性に変化がありません。(半永久的)
なんと、摂氏200℃の熱でさえ連続10,000時間以上の使用に耐えられます。 (短時間の場合250℃の使用も可能)

寒い所でも平気 耐寒性に優れています  一般有機系ゴムの場合、-20℃~-30℃でガラスのように硬くなり、衝撃を与えると割れてしまいますが、シリコーンゴムならなんとー60℃〜70℃になってもゴムの弾力性を保ちます。この特性を活かして耐冷容器などの製品製作も可能です。

雨風にさらされる屋外での使用も可能 耐候性に優れています  シリコーンゴムは耐候性に極めて優れています。コロナ放電により発生するオゾンで、一般の有機系ゴムは急速に劣化しますが、シリコーンゴムはほとんど影響を受けません。また、長時間紫外線や雨風にさらされても物性はほとんど変化しません。

高温のマシン油や薬品を扱う所でもOK 難燃性に優れています  炎を近づけても燃焼しにくいとされるシリコーンゴムですが、難燃剤を微量添加する事で、難燃性や自己消炎性を付与することができます。さらに、有機ハロゲン化合物を含んでいないため、着火しても黒煙や有毒ガスの発生が殆どないことから、航空機、地下鉄などの閉鎖空間等や建物内部などに使用する材料として安全上不可欠です。

雨風にさらされる屋外での使用も可能 耐薬品性に優れています  シリコーンゴムは耐油性・耐溶剤性・耐薬品性に優れています。高温の状況下では特に耐油性の良いニトリルゴムやクロロプレンゴムにも勝る耐油性を発揮し、アニリン、アルコールなどの極性有機化合物や、希酸、希アルカリなどにほとんど侵されず、膨潤による容積増加は10% 〜15%にとどまります。

高温のマシン油や薬品を扱う所でもOK 電気特性に優れています  シリコーンゴムは、1〜100TΩ・mと電気絶縁性に優れ、広い温度範囲および周波数領域にわたって安定した特性を示します。また、水に浸しても性能の低下がほとんどなく、絶縁材料として最適です。特に、高電圧可でのコロナ放電やアークなどに対して優れた抵抗性を発揮し、高電圧がかかる部分の絶縁材料としても広く使われています。

この他にも、生理的不活性・熱伝導性・耐水性・耐スチーム性・耐放射能性など沢山の特性が有ります。

シリコーンゴムに関するお問い合せはこちら